読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他人の物差しがムカつくって話。

恋人がいなかったら不幸だとか

結婚していなかったら不幸だとか

子どもがいない夫婦はかわいそうだとか

片親だとかわいそうだとか

云々。

それって全部お前らが個人で決めた勝手な物差しですよね。

私自身は家族には恵まれて生きてきましたが、今後結婚することも子どもを産むことも間違いなく、無いでしょう。

それを「まだ若いからそんなこと言ってられるんだよ~」とか言うBBAマダム。黙れ。

微塵も興味が無いものに時間を裂けるほど暇じゃありません。

そもそもさ、恋人がいるからって、結婚して子どもがいるからって、絶対に幸せなんですか?屁理屈かもしれないけれどそう思います。

我慢して結婚して幸せなんでしょうか。産みたくもない子どもを産んで愛せなかったとしても、誰も責任は取ってくれないでしょう。屁理屈だと言われてもそう思います。

そもそも私は子どもが嫌いです。大嫌いです。おかしな話なんですが自身が幼い頃から赤子が嫌いで苦手で、小学生の頃は赤という文字に嫌悪感を抱くほどに苦手でした。恐らく前世で何かあったのでしょうね……。

そんな私に、あなたもいつか子どもを産んで母親になるかもしれないのですよ系のお話をしてくる方がいるのですが、吐き気がしますし変な汗が止まらないので、次にそのお話が長引いた際には胃の内容物をぶちまけるかその話地雷です宣言をしようと思っています。

結婚に於いてもやはり嫌悪感が強く(嫌悪感が強いということはその物事について考えているということ=興味がないのではなく強がりなのでは?!と考えたこともありますが"自身が結婚するということ”について興味がないのだと思っています。)、したいだなどとは到底思えませんね。

お前の精神がお子様なんだよってご意見はとてもわかります。しかし、やはりこれとそれとは別の問題で、世間に女性として認識されることが苦痛っていうややこしいあれそれを抱えている身として、精神の問題で結婚に向いてないんでしゅ。

本当に本当に本当に、このややこしくて面倒な精神をどうにかしたい。

この話は本題とはちょっと違うので次回にでもぶちまけよう。

 

他人様の物差しで見た私の人生は不幸かもしれないけれど、私は別に結婚云々の部分に関しては微塵も不幸だとか思っていないので、世間様方の"幸せ"を押し付けるのは金輪際やめて頂きたいと思っています。では。